News & Information

「THE SKY FALLS」オフィシャルインタビュー更新!


――デビューから半年が経ちました。振り返るとどんな時間でしたか?

XAI はじめての経験があまりにも多くて、目まぐるしさに戸惑いながらも、振り回され過ぎないよう自分なりに頑張ってきました。この半年の間に『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の主題歌制作に向けて気持ちも作らなければいけなかったので、改めて重要な出来事が詰まった半年間でしたね。幸せなことに今回もBOOM BOOM SATELLITESの中野(雅之)さんにサウンドプロデュースをして頂いたのですが、前作「WHITE OUT」の制作を通して築けた人間関係がすでにあったので、そこにはすごく助けて頂いたと思っています。「WHITE OUT」の時は、まだ私自身が“アーティスト”になりきれていなかったし、そこから中野さんに作っていただいたので。もちろん今も勉強中ですし、お会いするときは常に緊張するのですが、中野さんの仰っていることが音楽的に段々と理解できるようになってきたので、そういう面では「THE SKY FALLS」の制作は前作よりもスムーズだったのではないかと思っています。

――今回の中野さんとのコミュニケーションの中で、印象的だったことは?

XAI 最初のレコーディングの前日、中野さんに久しぶりにお会いすることもあってすごく緊張していたのですが、そんな私の気持ちを察したのか、中野さんから「あまり緊張せず、フラットな気持ちで来てくださいね」というメールが届いたんです。「ああ、何でもお見通しなんだな」と思ったと同時に、すごく気を使ってくださっているなと感じて。だからその言葉の通りに、できるだけリラックスしてスタジオに伺ったんです。そこで「THE SKY FALLS」のデモを初めて聞かせていただき、そのまま歌い始めたのですが、中野さんから「うーん……前回よりソウルが感じられない」と言われてしまって。「WHITE OUT」の時は初めてのレコーディングだったので、分からないなりにとにかく一生懸命にマイクに向かっていましたが、今回は中野さんの「緊張せず、フラットな気持ちで」という言葉に甘えてしまって、マイク前でもリラックスし過ぎてしまったのかもしれない。そう感じた瞬間、一気に気持ちが引き締まったんです。歌うときは毎回、これが人生最後なんだと思って歌おう、と。もう二度と中野さんから「ソウルが感じられない」なんて言われてはいけないって。

――改めて「THE SKY FALLS」を受け取ったときの感想は?

XAI 「WHITE OUT」が戦場にいる誰かを想う、包み込むような壮大なラブソングだったとするなら、「THE SKY FALLS」は自分が戦場に立ち一緒に戦うような曲だと思うんです。だから同じ世界観にある曲ではありますが、歌う心持ちは180度変えなくてはならないと思って取り組みました。蒼山(幸子/ねごと)さんが書かれた歌詞も、中野さんとのやり取りの中でどんどん変わっていったんです。その結果、私の歌の響きや歌い方まで考え抜かれた歌詞に仕上げてくださいました。たとえば〈鮮やかなblue〉という歌詞がサビにありますが、言葉だけだとポップな印象にも受け取れる言葉だと思うんです。でも私が歌うことで、聴いて下さった方が〈鮮やかなblue〉を切なく感じてくれると仰っていました。隅々まで考え抜かれて生まれたこの曲を、絶対に大切にしたいと思いました。

――実際にレコーディングでは、どんなことを尊重して歌いましたか?

XAI 「WHITE OUT」とは違う力強さが求められる曲だと思ったのですが、その“力強さ”はただ声を大きく出すとか、強く聴かせるだけではダメだと思いました。メロディや歌詞に込められている思いを歌に置き換えてくように、私も戦場に立ち「あなたを一人にはさせない」というイメージを頭に描きながら、とにかく夢中で歌いました。「WHITE OUT」が『怪獣惑星』のラストに流れたことを私はすでに劇場で体感しているので、「観客のみなさんがどんな心境の中で私の歌を聴くのか」とか、そういう部分も含めてイメージしていました。「さすが虚淵玄さん」と言うべき壮絶なストーリーが展開されていく中で、やはり私の歌は映画の最後に訪れる余韻を担うべきだとも思ったので。

――『決戦機動増殖都市』のストーリーについては、どのように受け止めましたか?

XAI 『怪獣惑星』以上に、心にずっしりと重く響きました。登場人物の一人ひとりが、それぞれの正義に向かって命がけで戦い、ときには死んでいく……主題歌を歌うシンガーとして、その生きざまから目をそらさずに向き合い、全力で受け止めたいなと思いました。

――「THE SKY FALLS」を聴いたみなさんには、どんな思いを受け取って欲しいですか?

XAI 「WHITE OUT」が“ラブソング”だとしたら、「THE SKY FALLS」は“サバイヴソング”だと思うんです。もちろんこの曲は『決戦機動増殖都市』のための主題歌ではありますが、たとえばみなさんの日常生活においても“戦い”を意識することってあると思うんです。たとえば学校や職場などで、置かれている環境に対して自分に負けない強い意志が欲しいとき。「どんな時も決して一人ではない」と私は信じてほしいし、この曲がみなさんと一緒に戦ってくれると思います。私の歌が、そんなみなさんの力の一部になれたらすごく嬉しいですね。今回はリリースイベントもありますし、生で歌う機会もあります。ぜひ大勢のみなさんに、私の歌を聴きに来てほしい、そしてメッセージを受けとめて頂けたら嬉しいと思っています。

――そしてカップリングナンバー「Let me free」では、はじめて作詞を担当されていますね。

XAI 私は今まで「すごく狭い世界で生きてきた」といいますか、ある種限定された“文化”や“好きな物”の中で生きてきたのですが、中野さんとお仕事をさせていただく時間は私にとって「世界ってこんなに広くて美しくて、まだまだ素敵なことがあったんだ」と教えて頂くような時間なんです。もともと作詞をしてみたいという意志はあったのですが、その思いを汲んでくださった中野さんが「こういう曲があるんだけど、歌詞を書いてみる?」と言ってくださいました。なので作詞に関しても、中野さんに広げていただいた新しい世界です。

――どんな着想から作詞を?

XAI デモを聴いたときに、暗闇の中にいる人が光に向かって走っているような、そんなイメージが湧いてきたんです。暗闇の中でもがいていて、そこから逃げ出したいというような、すごく内省的なイメージ。

――というと?

XAI きっと誰だってそうだと思いますが、生きることって大変なことの連続で、嬉しいことも楽しいこともあれば、当然のように苦しいことも辛いこともある。そういうネガティヴな感情を、素直に言葉にしたいと思い、生まれた歌詞です。まだ20年しか生きたことがない私ですが、学生には学生の、社会人には社会人の、みんなそれぞれさまざまな苦悩があると思っていて。自分の肉体や置かれている環境って、精神から見れば決して自由に扱えるものではないわけで、そういうものから逃れたいと思う感情は自然で、責めるような感情じゃないんだと思いたくて。

――ネガティヴさを認めてあげることで、救われる感情があると。

XAI そうですね。私、歌手になることが夢でしたが、もともと人前に出ることはすごく苦手なんです(苦笑)。これからリリースイベントやさまざまな場所に出ていって、歌うことになると思いますが、すごく怖さも感じていて。時には、逃げちゃいたい、って思ってみたり。ただ先ほども言った通り、これは誰しもが持っている感情だと思いますし、こういう経験を重ねて前に向かって進んで行けることもわかっているんです。だからこそ、その“瞬間”を敢えて切り取ることで「そんな感情を残しておこう、そして自分のことを認められたら」という事なのかもしれないです。世の中には“応援歌”というものが溢れていますが、「がんばれ!」や「負けるな!」という歌詞ばかりじゃなくても、いいと思うんです。逃げたくなる弱い気持ちに理解を示してくれる曲があっても、いいのかなって。「THE SKY FALLS」と合わせて聴いていただくことで、日常の中で戦っているさまざまな人々の心に寄り添える、そんな役割が担える曲になっていたら、嬉しいです。

――メロディと歌声がとにかく美しいので、そのメッセージが心にスッと入ってきます。この曲も、やはり救いの曲だと思いました。

XAI ありがとうございます。でも、だからと言ってリリースイベントがものすごく嫌だとか、そういう事を言いたいわけではないんですよ(苦笑)。すごく楽しみにしているのは事実ですし、初めて私の歌を聴いて下さっているみなさんとお会いすることに、興奮もしています。その一方で、今までは表に出てこなかったからこそ、みなさんの思い描いているイメージを壊したくないし、中野さん方が作ってくださった音楽の世界観に相応しくもありたいと思っていて。その緊張やプレッシャーをすごく感じています。でも、そんな今だからこそ歌えた歌がこの1枚に詰め込まれているんじゃないかと思っています。この2曲がみなさんにどんな風に受け取っていただけるのか、今からすごく楽しみです。

Interview By 冨田明宏

Back to List